脾気虚(ひききょ)

消化機能が低下したタイプ

脾気虚(ひききょ)とは、五臓(肝・心・脾・肺・腎)のうちの脾の機能が全体的に低下している状態で、消化器系に影響が出てきます。

食欲不振、食後の腹脹、腹痛、軟便、下痢といった症状にお心当たりはないでしょうか。

脾は水分代謝に関わりが深く、脾が悪くなると、むくみやすくなったり、痰が出やすくなったりします。進行すると、胃下垂や脱肛などの症状が現れることも。

脾は身体にとって大切な気血をつくり出すところとされます。ですから脾気虚をほうっておくと、だんだんと気血が少なくなって体内のエネルギーが失われていきます。

腹八分目で胃腸をいたわりながら、ツボ刺激で脾を元気にしていきましょう。

​●あなたに合ったツボ

①三陰交(さんいんこう)

内くるぶしから指4本分(親指をのぞく)上がった高さで骨の際の凹んだところ。親指でやさしく押して気持ちのいいところで5秒くらいとめ、ゆっくり戻します。お灸をするのも効果的です。胃腸を丈夫にして気血を補います。

②足三里(あしさんり)
 

膝のお皿の下から指4本分(親指をのぞく)の幅下の高さで外側に指をすべらせて凹んだところ。親指でやさしく押して気持ちのいいところで5秒くらいとめ、ゆっくり戻します。お灸をするのも効果的です。消化を促進して胃腸を元気にします。

③脾経(ひけい)

内くるぶしから上に伸びている骨のすぐ内側をカッサ(凹部)で下から上にマッサージします。棒灸で温めるのも効果的です。脾が元気になります。

​●ワンポイントアドバイス

食べすぎないことが一番です

消化器系を元気にするためには、食べ過ぎないことが一番大切です。

脾気虚タイプの人はもともとお腹が弱い人が多いので暴飲暴食はしていないと思いますが、それは他人と比べての話。

大盛りにしたことなんか一度もないし、揚げ物やラーメンもほとんど食べないし、わりと食生活には気を遣っているほうなんだけど……という方でも、消化器系が弱っていることをしっかり認識して、脂っこいものは避け、温かく消化によいものをもうちょっと欲しいなと思える程度で抑えておくようにしましょう。

3日間ほど夕食を抜いてみるのもおすすめです。早く寝られそうな日に試してみてください。翌朝意外なほどスッキリしていることに気づくはずです。

完全に夕食を抜くのがつらいようなら、夕方に小魚などを少し摂っておくと寝るまで持ちます。

食欲がない方は、ウォーキングなどの軽い有酸素運動を始めてみましょう。胃腸が元気になれば、どんなものでも消化して栄養に変えてくれます。