心血虚(しんけっきょ)

血が足りないいわゆる貧血タイプ

血は全身に栄養を運んでいます。

心血虚(しんけっきょ)は、その血が不足して身体が栄養不足に陥っている状態です。

女性は生理があるため男性よりも血虚になりやすいと言われていて、肌荒れも起こりやすくなります。血虚が慢性化すると、不妊にもつながりますので注意が必要です。

また、心血虚の場合は精神的な症状が出るという特徴があります。

もっとも顕著なのは不眠。夜中に目が冷めてしまう方が多いようです。

そして忘れっぽくなることも。

顔色が悪かったり、下まぶたの内側や舌の色が白っぽくなっているなと思ったら、血が足りていない可能性大です。ツボを刺激して血を補っていきましょう。

​●あなたに合ったツボ

①神門(しんもん)

手首の横紋を正面から見てその内端にある腱の下。腱の内側から腱の下に向かって親指でやさしく押して気持ちのいいところで5秒くらいとめ、ゆっくり戻します。指で押してみてとくに痛みを感じる部分に米粒を載せ、医療用テープで留めてもいいです。心の機能を回復します。

②三陰交(さんいんこう)
 

内くるぶしから指4本分(親指をのぞく)上がった高さで骨の際の凹んだところ。親指でやさしく押して気持ちのいいところで5秒くらいとめ、ゆっくり戻します。お灸をするのも効果的です。胃腸を丈夫にして血を補います。

③血海(けっかい)

膝のお皿から指3本分(親指と小指をのぞく)の幅上にあがった高さで内側に指をすべらせるとわかる筋肉の境目の凹んだところ。このあたりを親指で円を描くようにマッサージします。血を補います。

​●ワンポイントアドバイス

無理をしてはいけません。早寝早起き、腹八分目の養生を

髪がぱさついたり、肌が乾燥してきたなあと思ったら、鏡の前で舌を出してみましょう。赤みが薄く白っぽいなら血が足りていません。

仕事が忙しくてちゃんと寝ていない、もっかダイエット中、なんて人もいるかもしれませんが、過労や寝不足、偏った食事は血虚を悪化させます。

早寝早起き、腹八分目が一番ですが、現代社会でそれを実行するのは本当に難しいですよね。ですからできる範囲で、生活習慣のスモールチェンジにチャレンジしてみませんか。

たとえば、夕食は炭水化物を抜いて軽めにする。22時を過ぎたらスマホとテレビは見ない。遅くても23時までには寝る……。

あなたの身体はひとつだけ、代わりはありません。3日坊主でいいんです。試しに3日間だけやってみようと思って始めると、身体の変化に気づいて意外と続けられます。