近視

一口で近視といってもじつは種類がいろいろあります。中でも読書やゲーム、スマホなど近くを見続けることにより、レンズの厚さつまりピントを調整する毛様体筋という筋肉が緊張してこわばった状態を仮性近視といい、この場合は、ツボ押しやマッサージなどによって凝り固まった筋肉をほぐすことで、近視の改善が期待できます。

必然的に目のまわりのツボが多くなりますが、目のまわりは皮膚が非常に薄いため、ツボ押しは軽くやさしくが鉄則。爪が伸びている場合は、指の腹ではなく、人差し指の第二関節などを利用して傷がつかないように注意しましょう。

また、スマホやパソコンなどを使うときは、30分おきに休憩して、5分ほど遠くの景色を見て目を休ませてあげましょう。その際、目の前に指を立て、その指と遠くの景色を交互に見る遠近トレーニングで毛様体筋を鍛えてあげるのもおすすめです。

①合谷(ごうこく)

手の甲。親指と人差し指の間のみずかきの後方にある三角形の部分を押してみて一番響くところ。親指と人差し指でツボを挟むようにして、円を描くようにマッサージします。お灸をしてもいいです。

②風池(ふうち)

後頭部の真ん中にある大きな凹みを確認し、その横にある太い筋肉を隔てた外側の凹み。10~15本程度の爪楊枝を輪ゴムでまとめ、ツンツン刺激します。下の写真のように四指で頭を支え親指で5秒かけてゆっくり押し、気持ちいいところで5秒とめて、またゆっくり戻します。円を描くようにマッサージしてもいいです。目のまわりの血流を改善します。

③目窓(もくそう)

瞳の真上、額の生え際から2cmほど入った前頭部。やや凹んでいて押すと痛みがあるところ。10~15本程度の爪楊枝を輪ゴムでまとめ、ツンツン刺激します。人差し指または中指の腹で円を描くようにマッサージしてもいいです。

目のまわりのマッサージ

目頭と鼻骨の間、下まぶたの真ん中(正面を向いたときの眼球の真下)、目尻のわきにある凹んだところ、眉毛の外端、眉毛の真ん中、眉頭を順に人差し指または中指でそれぞれ5秒ずつやさしく押して気持ちいいところで止め、ゆっくり戻します。マッサージのあとに蒸しタオルで温めるとより効果的です。

耳のマッサージ

①耳の上、真ん中、下を順に強めに引っ張ります。これを3回繰り返します。

②耳の上、真ん中、下を順に内側に折り曲げます。これを3回繰り返します。

③人差し指を耳の上の根本に引っかけ、耳を引き剥がすように3回まわします。

④親指の腹を耳の下の根本にあて、上に押し上げるように3回まわします。

⑤耳の真ん中からぺたんと耳を折り曲げます。今度は縦方向につぶすよう耳を折り曲げます。

⑥耳の外側を親指と人差し指ではさんで、耳たぶのほうまで強めにもみます。

⑦耳たぶの真ん中を親指と人差し指ではさんで、強くもみ、最後に下へ引っ張って指を離します。