上まぶたのたるみ

上まぶたのたるみは、眼輪筋という目のまわりを囲んでいる表情筋の衰えが原因です。上まぶたがたたるんでくると表情が暗く老けて見えますし、視界も狭くなってきます。眼輪筋が弱ると、目を開くために額にある前頭筋を使って眉を釣り上げる癖がつき、これを続けている額にどんどんシワが寄ってしまうという悪循環が生まれるので要注意。目のまわりの血行を良くするツボ押しと、眼輪筋のトレーニングで目ヂカラをアップしていきましょう! ただし、目のまわりは皮膚が非常に薄いため、ツボ押しはやさしくが鉄則です。

①攅竹(さんちく)

眉頭の少し凹んだところ。人差し指または中指の腹で5秒かけてゆっくり押し、気持ちいいところで5秒間とめ、ゆっくり戻すのを繰り返します。指の腹で小さく円を描くようにマッサージしてもよいです。爪が伸びている人は、親指または人差し指の第二関節を使いましょう。

②魚腰(ぎょよう)

眉毛の中央部、瞳の真上。人差し指または中指の腹で5秒かけてゆっくり押し、気持ちいいところで5秒間とめ、ゆっくり戻すのを繰り返します。指の腹で小さく円を描くようにマッサージしてもよいです。爪が伸びている人は、親指または人差し指の第二関節を使いましょう。

③絲竹空(しちくくう)

眉尻の少し凹んだところ。人差し指または中指の腹で5秒かけてゆっくり押し、気持ちいいところで5秒間とめ、ゆっくり戻すのを繰り返します。指の腹で小さく円を描くようにマッサージしてもよいです。爪が伸びている人は、親指または人差し指の第二関節を使いましょう。

④太陽(たいよう)

こめかみの凹んだところ。人差し指または中指の腹で5秒かけてゆっくり押し、気持ちいいところで5秒間とめ、ゆっくり戻すのを繰り返します。指の腹で小さく円を描くようにマッサージしてもよいです。爪が伸びている人は、親指または人差し指の第二関節を使いましょう。

眼輪筋トレーニング

薄目の状態から5秒かけて目を大きく開きます。ことのき鏡を見て、眉が上がっていないか、額にシワが寄っていないかを必ず確認してください。目を大きく開いたら今度はまた5秒かけて目を薄めにします。目を薄目にするときは下まぶたを上に持ち上げることを意識しましょう。これを1分ほど繰り返します。