二重あご

二重あごの原因は皮下脂肪だけではありません。とくに年齢を重ねると体重に変化がなくてもむくみやたるみにより二重あごになることは多々あります。そのむくみやたるみの一因となっているのが姿勢です。とくにスマホを見るときに首を前傾する格好は血流やリンパの流れを阻害し、老廃物がたまりやすく、むくみやたるみの原因となります。

ツボ押しと、あごのマッサージであご周りの血流やリンパを改善し、老廃物を流してスッキリしたあごのラインを目指しましょう!

①上廉泉(かみれんせん)

あごの真下の凹んだ部分。親指の腹を押し当て、人差し指と親指であごを挟むようにして固定する。親指の腹で5秒かけてゆっくり押し、気持ちいいところで5秒間とめ、ゆっくり戻すのを繰り返します。親指で小さく円を描くようにマッサージしてもよいです。

②頬車(きょうしゃ)

エラの1cmほど前方。歯を噛みしめると咬筋が緊張するところ。人差し指または中指の腹で5秒かけてゆっくり押し、気持ちいいところで5秒間とめ、ゆっくり戻すのを繰り返します。指の腹で小さく円を描くようにマッサージしてもよいです。爪が伸びている人は、親指または人差し指の第二関節を使いましょう。

③天容(てんよう)

エラの後ろの陥凹部。人差し指または中指の腹で5秒かけてゆっくり押し、気持ちいいところで5秒間とめ、ゆっくり戻すのを繰り返します。指の腹で小さく円を描くようにマッサージしてもよいです。爪が伸びている人は、親指または人差し指の第二関節を使いましょう。

下あごマッサージ

親指を出してグーを作ります。親指を下あごの骨に押し込むように当て、人差し指の第2関節で上から下あごの骨を挟み5秒止めます。あごの下からそれぞれ左右のエラに向かって少しずつ移動しながら同様に行ないます。最後に手のひらであご下から鎖骨まで上から下に首をさすって老廃物を流していきましょう。さするときは、右側は左手で、左側は右手で行ないます。