​手首から前腕にかけての痛み/小指側

パソコン操作などで手を使いすぎると、手首から前腕のあたりまで神経の走行に沿って痛みが現れることがあります。その神経の通っている筋上のツボを刺激して痛みを緩和します。

①神門(しんもん)

手首の横紋を正面から見てその内端にある腱の下。腱の内側から腱の下に向かって親指でやさしく押して気持ちのいいところで5秒くらいとめ、ゆっくり戻します。指で押してみてとくに痛みを感じる部分に米粒を載せ、医療用テープで留めてもいいです。患部の痛みをやわらげます。

②支正(しせい)

前腕後面。ちょうど真ん中のあたりから親指の横幅分手関節よりの高さで、骨の際。親指でやさしく円を描くようにマッサージします。とくに痛みを感じる部分に米粒を載せ、医療用テープで留めてもいいです。患部の痛みをやわらげます。