​膝関節痛/中央

東洋医学には痛みを緩和する方法として、患部を通っている経絡の滞りを解消するという考え方があります。膝の中央を通っているのは足の陽明胃経ですので、この中から膝関節痛に効果的なツボを選び刺激していきます。患部の血流をよくするツボのマッサージもあわせて行ないましょう。

①内庭(ないてい)

足の人差し指と中指の間のみずかきのすぐ後ろ。溝の間に親指を入れ上下に動かしてマッサージします。とくに痛みを感じる部分に米粒を載せ、医療用テープで留めてもいいです。お灸も効果的です。患部の痛みをやわらげます。

内庭.jpg

②足三里(あしさんり)

膝のお皿の下から指4本分(親指をのぞく)の幅下の高さで外側に指をすべらせて凹んだところ。膝に腫れや熱感がなければ、ここにお灸をします。患部の血流を促進して痛みをやわらげます。

足三里.jpg

③太もものマッサージ

太ももの前面にある筋肉を手でつかむようにして、外側を中指と薬指、内側を親指でもみほぐします。太ももの真ん中あたりから膝関節の上まで繰り返しましょう。患部の血流をよくして症状を緩和します。