風邪/微熱で悪寒がする

東洋医学では、肩甲間部のあたりから風邪の邪気(じゃき)が入ってくると考えます。悪寒がするのは、まさに身体の表面から風邪が侵入してきた瞬間です。お灸で汗をかかせて、汗と一緒に風邪を追い出しましょう。さらに、こわばっている肩甲間部をカッサでほぐしていくと症状がやわらぎます。風邪予防として、寒いときはカイロを貼っておく、それ以外のときは、10~15本程度の爪楊枝を輪ゴムでまとめ、ツンツン刺激するのもいいでしょう。

①大椎(だいつい)

頭を前に傾し、人差し指で頚椎を下りていきもっとも隆起している骨(頸椎の一番下で胸椎の直上)の下の凹んだところ。左右の肩の頂点を結んだ線と脊柱の交点のあたり。そこにお灸をします。汗をかかせて風邪の症状を緩和します。

②肩と肩甲間部のマッサージ

肩と肩甲骨間をカッサ(凸部)でほぐすようにマッサージします。風邪の症状を緩和します。