乗り物酔い

乗り物酔いには特効穴がありますので、気分が悪くなる前にこのツボを刺激しましょう。乗車前にあらかじめ米粒を医療用テープで留めておいてもいいでしょう。進行方向を向いて座り、遠くの景色を楽しむ、音楽やラジオを聴いて気を紛らわせるなど、気にしすぎないようにすることも大切です。

内関(ないかん)

手首の内側のしわから指3本分(親指と小指をのぞく)上がった高さで、真ん中を走る太い腱の下。腱の内側から腱の下に向けて親指をゆっくり押し込むようにして5秒ほど止めゆっくり戻します。とくに痛みを感じる部分に米粒を載せ、医療用テープで留めてもいいです。乗り物酔いによる悪心や嘔吐を予防します。