​腹痛/おへそのまわり

おへそのまわりが痛いということは腸の動きが亢進しているか、停滞しているか、いずれにしても不調に陥っていると考えられます。下痢や便秘が起きているかもしれません。食べ過ぎや飲み過ぎはやめて、消化によいものを少しずつ食べ、お腹への負担を軽くしていきましょう。

痛みを緩和するには、腸の特効穴を刺激します。あわせてお腹のマッサージを行なうと効果的です。

①天枢(てんすう)

おへその中央から左右に指3本分(親指と小指をのぞく)のところ。指で押してみてとくに痛みを感じる部分に米粒を載せ、医療用テープで留めます。お腹の痛みをやわらげます。

②お腹のマッサージ

就寝前と起床時に行ないます。仰向けになり、両手を重ねて、おへそのまわりを時計回りにやさしくマッサージしましょう。最初は小さく円を描き、少しずつ円を大きくしていきます。胃腸の調子を調えます。