花粉症におすすめの耳ツボ


今年は暖冬のせいで花粉の飛散が早まるらしいですね。2月中旬だというのにこの暖かさ。花粉シーズンも一気に本格化しそう・・・。花粉の量は例年より少ないとの話ですが、そろそろつらい症状に悩まされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、その症状を少しでも緩和するための耳ツボをご紹介します。



花粉症はつらいですよね。鼻水、鼻づまり、目のかゆみだけでなく、咳や肌荒れなどを起こすこともあり、症状も程度もさまざま。わたしの場合は数年前から花粉シーズンが始まると発熱と頭痛までして風邪と同じ症状が出るようになりました。


今年はいまのところ大丈夫です。やはり、食生活を変えたこととビタミンDが効いているのかもしれません。このあたりは以前ブログに書きましたので、そちらを参考にしてください。



花粉症に効く耳ツボ


すでに症状が出ているのであれば、とにかくその症状を緩和するのが先決。

耳にその特効穴があるのです。それが「風溪(ふうけい)」です。






耳の内側で縦に走る軟骨の上の平らな部分で、耳が内側に折り返しているあたりを爪先で押して刺激します。親指と人差し指で耳を挟むようにしながらチェックしてみましょう。左右でより痛みを感じるほうに米粒を載せ、医療用テープで留めます。効果がなくなってきたなと思ったら、反対側の耳に貼ってみましょう。



ポイントは左右両方に米粒テープを貼るのではなく、片方ずつ貼ること

神経に刺激を与えて症状を緩和しているので、体がその刺激に慣れてしまわないように片方ずつにすることで効果が長持ちします。


暴飲暴食や睡眠不足、ストレスなどに心当たりがあれば生活習慣を見直すことも大切です。甘いものや小麦・乳製品を摂らないようにするだけでも症状が軽減するのを実感できるはず。


アレルギーの体質改善には腸の健康が第一です。

胃腸を丈夫にしてアレルギー体質を改善するためのツボはこちらです。