肝・心・脾・肺・腎、五臓について解説します

前回は、気虚や血虚など、東洋医学の体質診断を理解するためのキーワードについてご説明しました。今回は、こちらも東洋医学の頻出ワードである肝(かん)・心(しん)・脾(ひ)・肺(はい)・腎(じん)の五臓(ごぞう)について簡単にご説明したいと思います。




肝が肝臓で、心が心臓で、脾は脾臓??・・・そう単純ではないのです。

まずはひとつずつおもな働きを見ていきましょう。



肝(かん):全身の気の動きを調節し、気血津液精を適切にめぐらせる。感情の調節や、消化器系のサポート、月経の調節機能もある。


心(しん):全身に血を送り出す、生命活動を維持する、精神活動をつかさどるなど。


脾(ひ):飲食物を消化吸収し、心や肺に運ぶ。血が脈中から漏れ出るのを防いだり、内臓を正常な位置に保つ役割もある。


肺(はい):呼吸をつかさどり、気を上下内外に動かす。


腎(じん):精をためておくところで生殖機能に関わる。水液代謝をつかさどるほか、吸気を深くすることで呼吸のバランスを保つ機能もある。




参考文献:新版 東洋医学概論




弁証では、どこに病があるか(病位)もみていきますが、そのどこを指す言葉が上記で説明しました肝・心・脾・肺・腎の五臓です。


気虚、血虚、血瘀などの「病態」と「病位」の弁証を合わせることでより的確な治療ができるようになるのです。


ツボライフの体質診断に答えると、自分のウィークポイントが見えてきます。


自分のウィークポイントを知っていれば、その臓をいたわってあげることで、病を予防することができます。これが未病の考え方ですね。


たとえば、脾が弱いという結果が出た場合には、消化器系に負担をかけないような生活習慣についてアドバイスしています。


わたし自身も鍼灸治療を受けているので実感としてわかりますが、治療はあくまでも患者さんの自然治癒力を引き出すもの。


ベースとなるカラダは睡眠や食生活など生活習慣を変えることでどんどん変化していくので、カラダが変わると治療効果も変わります


患者さんにとって適切な生活習慣のアドバイスができることは鍼灸師の非常に重要な役割のひとつ。


患者さんと施術者が協力して治療を進められるとよりよい結果が生まれます。




体質診断の結果についてもっと詳しく知りたいという方は、随時質問も受け付けております。お問い合わせからどうぞ。