東洋医学的な体質診断ってなに?

ツボライフには「体質診断」のページがありますが、そもそも「東洋医学的な体質診断」ってなに? という方がほとんどではないでしょうか。わたしも鍼灸学校に入学するまで鍼灸の施術を受けたこともなく、体質診断といえば、アーユルヴェーダのヴァータ、ピッタ、カパのほうが馴染みがあったくらいでした。いったん専門的な知識を得てしまうと、それが当たり前の感覚になってしまい知らない方にとって不親切なサイトになっていたなと反省。以前のわたしのように東洋医学ってなによ? という大多数の方のために、今回は、ツボライフが採用している東洋医学的な体質診断についてご説明したいと思います。




東洋医学的体質診断のもとになっているもの


東洋医学では、長年の臨床経験をもとに「弁証」方法が確立されています。弁証とは、患者さんの症状や所見を分析して「証」を決定するものです。


この「」に当たるものをツボライフでは「体質」と置き換え、診断結果として表示しています。


通常、鍼灸治療では患者さんの施術を行なう前に弁証して証を決定します


弁証するときの判断材料となる情報を得るために行なうのが、四診(ししん)です。


四診とは、望診(ぼうしん)、聞診(ぶんしん)、問診(もんしん)、切診(せっしん)の4つからなり、それぞれ以下のような内容になっています。




望診視覚的に患者を観察して心身の状態を知る方法。おもに局所の状態や舌の色形や苔の具合、顔色、爪や髪の毛、肌の状態などを見て判断します。


聞診:患者が発する音や匂いから心身の状態を知る方法。おもに声の高さや大きさ、話し方、呼吸のしかたなどについてお話しを伺いながら観察します。


問診患者との対話によって得られた情報から心身の状態を知る方法。患者の主訴について確認しながらそれに関連する情報を掘り下げます。東洋医学では、「症状」ではなく、「人」を診るため、患者本人は主訴と関わりないと思っているような全身症状生活習慣などについても細かく尋ねます。


切診患者に触れて心身の状態を知る方法。一般的には手首を触って脈の状態をみたり、お腹を少し押して硬結や痛み、張り、違和感などがないか確認します。




多くの治療院が初診料を取るのはこのためです。

最初の施術では、患者さんの状態を把握し弁証するために以上のようなことを行なうので、それだけ時間も手間もかかるのです。


そういうものだと知らないと、肩こりで鍼灸治療に来ただけなのに、関係ないことをいろいろ聞かれたあげく、脈をとられたり、お腹を触られたりした~、と不信感を抱くことがあるかもしれません。ですが、効果的な治療のためには絶対に外せないステップですから、鍼灸院へ行かれる際は上記のようなことを念頭に置いておくとスムーズに治療に入れると思います。


ツボライフの体質診断では施術者が四診から得る情報を「はい」「いいえ」の質問に答えるだけで、ある程度把握できるようにつくってあります。


質問の答えに迷うこともあるかもしれませんが、直感で「はい」「いいえ」のどちらかを選んでいただいて大丈夫です。診断結果はあくまでも大まかな傾向なので、ひとつの答えの違いで結果が大きく異なるようなことはほとんどありません。まずは試してみていただくのが一番。しばらくたってから行なうとまた違う結果になることもあります。


ツボライフには23の証が用意されています。

結果は、あなたの現時点での「証」です。

肝鬱気滞」「心血虚」「脾気虚」・・・あなたはなんと表示されましたか?


効果的なセルフケアには自分を知ることが大切です。

でも、自分を知るというのは思っている以上に難しいです。

わたし自身も不調続きのこの10年間でいやというほど思い知らされました。


東洋医学の「証」を知ることは、自分を知ることにつながります


ツボライフの体質診断が少しでもそのお役に立てれば幸いです。



ツボライフの東洋医学的な体質診断はこちらからどうぞ