秋の乾燥肌、かぜ対策

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、そして、乾燥の秋。秋は肺がもっともダメージを受けやすい季節です。肌や粘膜を守るには肺をケアすることが大切です。


数年前から秋といって最初に思い浮かべるものが、乾燥とか風邪とかネガティブなものになってきました・・・。

年をとったということなのでしょうか。

食欲の秋とか、芸術の秋とか、読書の秋とか、スポーツの秋とか、そんな秋を満喫できる健康なカラダがほしい!


というわけで、秋のケアといえば、とにかく乾燥対策

そして、忘れてはいけないのが、自律神経を休めること


じめじめした夏から急に空気が乾いてくるので、肌や粘膜がその変化に追いつかずトラブルが起きやすいうえ、気圧の変化や朝晩の気温差が激しく、自律神経の疲れがピークに達し、体調を崩してしまいやすい、まさにダブルパンチ。


その一方で、少し肌寒くなり、旬のおいしい食材がたくさん出てきて、ちょっとおしゃれして出かけたくなったりもしますよね。


カゼや肌荒れで秋を満喫できないのはさみしい。

早めのセルフケアで秋を楽しみましょう。


東洋医学では、秋といえばです。

肺を整えることで、肌が強く美しくなり、寒さやウイルスなどの外敵から身体を守るバリア機能が高まります。


肺は乾燥に弱いので、肺を潤すことが元気に秋を満喫するためのポイントなのです。


肺を潤すって言われても・・・

わかります、なんのこっちゃですよねw


でも簡単、鼻から深く息を吸って深呼吸しましょう。

吸い込んだ空気は、咽頭、上気道を通って肺にいたるまでに温め加湿され、湿度100%の状態で肺に届きます。


吐くときは口から。でも吸うときは口じゃダメです。

そもそも口呼吸じゃ、細菌やウイルスにこちらから「いらっしゃい」と言っているようなものですから、口呼吸が直らないんだよなあと自覚している人は常にマスクをしていたほうが無難です。


呼吸運動は肺を鍛え、ほかの臓器も滴度な刺激を受けて自律神経が整います。


深呼吸するときは、ラジオ体操でやるように大きく胸を開きましょう。肺経の経絡が刺激され、さらに肺の機能アップが期待できます。



ぶどうなど秋が旬のくだものにも肺を潤すものが多いので、おやつ代わりにいいですよ。


そして、カゼ対策としては、喉のケアも欠かせません。

ココナッツオイルなどを使ったオイルうがいで喉の粘膜を保護してあげましょう。

喉が炎症を起こした場合は、ターメリック岩塩を混ぜたアーユルヴェーダ式のうがいをするのもいいです。

つねに口腔内を清潔に保つために、緑茶や塩水でのうがいを習慣にしておくといいですね。

インフルエンザウイルスに紅茶うがいが有用との研究結果もあるようです。


うがいは習慣化しなければ意味がありません。自分に合ったもの、ぱぱっとできるものを選んで続けることが大切です。


そして、喉を潤すといえば、大根おろし

大根飴はのど飴として有名ですよね。


大根おろしは喉にもいいですが、さまざまな消化酵素が含まれているので、食欲の秋には欠かせません。食後にお腹が張るような人は、その不快感がかなり軽減されると思います。

外食時にも「しらすおろし」などを注文しておくといいですよ。


もうすでに乾燥肌で困っているという人は、毎日の肌ケアに問題があるかもしれません。

ありがちな過ちを↓こちらで紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。


専門医に聞いた! 間違えやすい3つの乾燥肌対策